セオリーにしがみつかない

Self-Discovery Movement

特別レッスン「個々に合わせたハイパフォーマンスの達成のためのトレーニング」

10月25日(日)18:00-21:00程度。

「個々に合わせたハイパフォーマンスの達成のためのトレーニング」

というタイトルで、超少人数特別レッスンを行います。
なんと今回は定員が6名です・・・!じっくりみっちりできます。
アーティスト(ダンサー・役者・声優・音楽家など)限定です。

レッスン内容

今回のレッスンの内容は以下のとおりです。

①自身が行っているトレーニングが理に適っているものなのか解剖学・進化学から検討する
②個々の身体に合わせた舞台上におけるハイパフォーマンス達成のためのトレーニングシェア
③自身の伸び代を見つける

舞台パフォーマンスを考えた時、
そのトレーニングを行うことでなぜ上手くなるのかを明確に答えることはできるでしょうか?
またその根拠はどこにあるか説明できるでしょうか?

この2点について、答えることができなければ、
ハイパフォーマンスの達成は遅くなります。

何故ならば、明確に答えることができないということは、
そのトレーニングの役割を理解していないからです。

レーニングには役割が存在します。
そして、各々の伸び代はそれぞれです。
それぞれということは、伸び代にそぐわないトレーニングを行っても、
上手くならないということでもあります。

様々なトレーニングの役割を自分で考えられることにより、
自身の伸び代にあわせてトレーニングを取捨選択できるのです。
○○先生が言っていたから○○トレーニングを行っていますと言われることがありますが、
ここまでの話で、危険なことなんだなということをご理解いただけると思います。

誤解を恐れずに言えば、アーティスト業界はこの傾向が強いと思います。
ハイパフォーマンスを発揮する身体づくりに関しては、
思考停止せず、他人の意見を鵜呑みにせず、自分の頭で考えぬくことが非常に大切なのです。

天才を分析する

考え抜くことにより、思考能力が身につき、
アーティスト人生を生きていくなかでの取捨選択が可能となります。
それは長い目でみたときに、非常に効率的な手段ではないかと考えます。

もちろん、
超一流の動きを拝見していると、言語では説明できない部分は多々あります。
ただし、それは一部の天才の話です。
天才の動きが説明できない動きだからといって、
「考えてはいけない。何故ならば天才は感覚でやっているから」というのは論理が破綻しています。

天才であろうと、そこに起きているのは物理現象です。
だとすれば、解読することにより、どのような要素が天才たらしめているのかは分析可能です。

今回はKouの分析をみなさんに共有し、
みなさんのトレーニングが適切なものなのかを考え、
個々の特性に合わせて伸び代を探し、それに対応するトレーニングをシェアします。


日程:
2020年10/25(日)
18:00-21:00程度

開催場所:
Rire yoga &kidsdance studio用賀店
http://rire.tokyo/access/

対象:舞台アーティスト限定
料金:5,000円

定員:6名

予約:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/10e051e5681415
※10月5日(月)22:00に予約開始です。

自動返信がない場合は、メールアドレスが間違っている可能性が高いので、下記のgmailにご連絡ください。

また、予約不可能な場合はキャンセル待ちになりますので、下記のgmailにご連絡ください。

Mail:
rire.kouyoga@gmail.com

キャンセル待ちにお申し込み頂いて受講不可能になった方は、
次回WS/特別レッスンの際に優先してご案内します。

講師:Kou
生物学/進化学/解剖学/古典ヨガの観点から、矛盾のない指導を心掛けている。
またパーソナルトレーニングは、
アスリート・ダンサー・役者間で好評。海外から受講希望が来るほどであり、トレーニング動画は視聴4万回を超える。
2020年4月、日本初のアーティストのパフォーマンス向上を目的とするオンラインスタジオ「アーティストパフォーマンス研究所」開設。
Rire Yoga&kidsdance studio chief director, 心身芸術予防療法(PPTA)代表, 
日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会(JARTA)
認定スポーツトレーナー, 
日本心理医療諸学会連合(UPM)正会員,
E-RYT200:Registered Yoga instructor sVYASA, INTL YTIC,FRPBI,3AsLEVEL1・2, Corrective Ex Level1

アーティストパフォーマンス研究所特別対談【シンガポールアーティスト、イーサンチア×Kou】

10月18日(日)20:00-22:00にシンガポールアーティスト、
5ToMidnight International芸術監督のイーサンチアと「心と身体」というテーマでZoom対談をします。

僕が考えているアーティストのパフォーマンス向上の考えの一つとして
「心と身体をコントロールしつくす」ということがあります。
なぜならば、心と身体がコントロールできていないということは、
心と身体の不調和を生み、長期的にみると心の病気や怪我の温床になるからです。

僕が出会ってきたアーティストの中でもイーサンは「心と身体」について見識が深く、
是非日本のアーティストにも紹介したいと思い、今回の企画に至りました。

心と身体について知りたいという方。
シンガポールのアーティストと知り合いたいという方。
是非ご参加ください。

みなさんからの質問も受け付けておりますので、
事前に質問をいただければ、その質問をベースに対談を進めます。


イーサンチア:5ToMidnight International芸術監督。
23歳までの8年間は、シンガポールにてフリーランスの俳優、演出家、青少年アウトリーチボランティアとして過ごす。

5ToMidnightを設立する以前は、ロイヤルセントラルスクールオブスピーチアンドドラマ(CSSD)にて、
共同演劇劇場の演劇で学士号を取得。
その後、カンパニーとの実践的な研究活動を通して、
俳優として生きる心理/物理的メソッドを開発し、世界5か国でワークショップを実施。

正式に認定を受けたライフコーチ、マインドフルネスプラクティショナー、マッサージセラピストであり、
俳優トレーニングにおけるマインドフルネスの役割についてのコーチングのため、
定期的に台湾、日本、インドネシアに訪問している。
また、オーストラリアのブリスベンにあるOpen Mind Instituteのプログラムコンサルタントでもある。

5ToMidnight International:台湾、日本、インドネシアの3つのアジア諸国で設立された、
コミュニティプログラム、アーティストに向けたサービス、滞在制作サポート、
パフォーマンスの創造、アーティストトレーニングを通じて、芸術と文化の成長を促進するサービスを提供している芸術団体。

https://ja.5tomidnight.org/coaching?fbclid=IwAR2Cf2GYsHuBn7zDpnva7ciwBfNNKEaNeQBXP7MAMLw_Vlg67ktNcUXWiTU


日程:10/18(日) 20時~22時
場所:Zoom(オンライン)

参加費:無料

予約:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/81d4e529680899
※自動返信がない場合、メールアドレスが間違っている可能性があります。
その場合は改めてご予約ください。

緊急連絡先:
rire.kouyoga@gmail.com

アーティストパフォーマンス研究所特別講義【俳優・劇作家・演出家・制作者にむけたLGBTQオンライン勉強会】

オンラインスタジオのアーティストパフォーマンス研究所内で、
【俳優・劇作家・演出家・制作者にむけたLGBTQオンライン勉強会】
を俳優の和田華子さんにお願いして開くことにしました。

華子さんのTwitterはこちら↓
https://twitter.com/tsubaki_tsubomi

アーティストは知っておいた方がいい


絶対にアーティストの方は知っておいた方がいい内容だと思うということと、
個人的に華子さんを応援したいという想いから、
この勉強会に関しては一般の方に公開します。


料金は2,000円とさせていただいています。
なぜならば、活動資金にしていただきたいからです。


華子さんは今までにほぼ料金を取らずにこの活動を行ってきました。
その理由は「基礎的な知識は、無料に近い形で広まってほしい」という想いがあったためでした。


ですが、金銭的な売上がないと活動も広めにくいという事があります。


なので、

今回の売上は全て華子さんの
「表現に携わる人たちに、LGBTQに関する基礎的な知識を伝える」
という活動のための資金にさせていただきます。

行動をするアーティストは世界を変える


これは完全な主観になるのでご容赦ください。

僕はアーティストさんの「力」はものすごいと思っています。
世界を変えれるほどの力があると信じています。
行動するアーティストさんは世界を良い方向へ変えてくれると信じています。

だからこそ行動しているアーティストさんは全力で応援したい。

今回のオンライン勉強会で華子さんの活動が広がり、
そしてアーティスト界が少しでも良い方向へ向かうことを心から願います。


以下、詳細です。


日程:6/28(日) 17時~20時半
場所:Zoom(オンライン)
参加費:2,000円


内容
・LGBTQって?
・日本におけるLGBTQの現状
・演劇とLGBTQ


予約:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e8d02200667950


一般席は10名とさせていただきます。
お早めのご予約をお願いします。

ムーブメントプラクティス実践&古典ヨガの実技・講義

オンライングループレッスン開催します

Twitterで、

「ムーブメントのグループトレーニング興味ありますか?
それとも古典ヨガの方に興味ありますか?」

とアンケートを取ったところ、
合計で103名の方が興味を持ってくれたので、実験的に開催することにしました。

普段はアーティスト限定でやっていますが、
今回は制限を取っ払います。
必要な方に届けばいいかなと思います。



5/24(日)
「ムーブメントワーク」
ゆっくりなムーブメントワークからはじめて、
最後にちょっとワクワクするようなムーブメントを行いたいと思います。
自分の身体にいつもとは違う刺激を入れて喝を入れてあげましょう。

時間:17:00-18:30程度
料金:3,000円(古典ヨガとのダブル受講の場合は5,000円)



5/28(木)
「古典ヨガの実技・講義とその応用法」
伝統的手法のヨガを理解することは人格を向上させることにも繋がり、
不必要なストレスをコントロールすることにも繋がります。
今回はその応用方や概念などもお話ししたいと思います。
ストレスを感じやすい方。
疲れやすい方にはおすすめです。

時間:20:00-22::00程度
料金:3,000円(ムーブメントワークとのダブル受講の場合は5,000円)


申し込み:
下記のURLからお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/124f673b665362



※すぐに自動返信でメールが届きます。
届かない場合は入力されたメールアドレスに不備がある可能性が高いです。
その場合は、
rire.kouyoga@gmail.comにご連絡ください。




たくさんの方にお会いできること、
心より楽しみにしております。

アーティスト限定東京WS【立甲】

6月か7月にアーティスト限定東京WSを行う予定ですが、
それに先立ちましてアーティスト限定立甲WSを行うこととなりました。

立甲に興味を持ってくれたダンサーさんからご連絡があり、
どうせやるなら皆さんと練習したほうが楽しいかなーと思っての開催です。

立甲とは

本WSでは「立甲」を理解し、
「立甲」ができる身体環境を作ることを目的としています。

立甲とは「肩甲骨が立った状態」を言います。
下記画像は僕の立甲です。

f:id:kouyoga:20200306223437p:plain

ブルース・リーなども行っていますね。

f:id:kouyoga:20200306222437j:plain



肩甲骨は本来、肋骨と分離し、自由に動かせます。

子供は勝手に立甲するのですが、
大人になって肩甲骨と肋骨周りが硬くなると分離つまり、
立甲ができなくなります。

踊りと肩甲骨/発声と肩甲骨


立甲ができるからパフォーマンスが上がるのではなく、
立甲ができる身体環境を得ることが大切です。

役者にとって肩甲骨の動きの不自由さは、
発声機能の伸び代です。

発声には3つの要素があると考えられています。
①呼気調節→②咽頭運動(声帯振動)→③共鳴・構音です。
この内①と②は肩甲骨が自由に動くことによってスムーズに仕事を遂行してくれます。
何故なら呼吸調節に関わる筋肉の多くは肩甲骨まわりにあり、
首や肩に力が入っていると声帯に過剰な力がかかり、
スムーズな咽頭運動を行ってくれなくなるからです。


ダンサーにとっても肩甲骨の不自由さは、
踊りの伸び代です。

肩甲骨が動く身体環境になると、
肩甲骨で作られた力が指先に伝達するようになります。
すると肩甲骨に付随する肋骨・腕をスムーズに扱うことができるようになり、
より自由な身体操作ができるようになります。
あと単純にカッコいいですね笑


立甲の画像を見ると「すごい!」と思われるかもしれませんが、
立甲は一つの指標でしかありません。


立甲がゴールではなく、あくまでも現在の身体環境を知るための手段として考え、立甲で得られる気持ちよさ、楽しさを味わっていただきたいです。

※今回は実技メインとなりますので、講義はほぼありません。
ご了承ください。


日程:
2020年
4月11日(土)18:00~20:00程度

開催場所:
センター北駅 徒歩7分程度
「Contraill」(HPなどはありません)
〒224-0003
横浜市都筑区中央1-21-16
ミオカステーロ港北ラヴィータ101号

f:id:kouyoga:20200306222221j:plain


※追加WS決定しました。
2020年
4月25日(土)18:30~20:30程度

開催場所:
Rire Yoga&kids dance studio
rire.tokyo


対象:舞台アーティスト限定
料金:6,000円

定員:20名程度(追加WSは10名になります)

予約:
4/11(土)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/02111ba4656639

追加WS
4/25(土)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/80a59eb4656641

追加WSは少人数で行うためご希望の方はお早めにご予約ください。
定員になりますと、ご予約ができなくなります。
その場合はキャンセル待ちになりますので、下記のgmailにご連絡ください。
また、3日以内に返信がない場合もお手数ですが、
rire.kouyoga@gmail.comにご連絡ください。


講師:Kou
生物学/進化学/解剖学/古典ヨガの観点から、矛盾のない指導を心掛けている。
またパーソナルトレーニングは、
アスリート・ダンサー・役者間で好評。海外から受講希望が来るほどであり、
レーニング動画は視聴4万回を超える。

Rire Yoga&kidsdance studio chief director, 心身芸術予防療法(PPTA)代表, 
日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会(JARTA)
認定スポーツトレーナー, 
日本心理医療諸学会連合(UPM)正会員,
E-RYT200:Registered Yoga instructor sVYASA, INTL YTIC,FRPBI,3AsLEVEL1・2, Corrective Ex Level1

名古屋WS開催【Self-Discovery Movement(以下SDM)講義&実技編】

新型コロナウイルスの影響を考え、
4月に行う予定だった東京でのWSは中止にしました。
収束するであろう6月か7月頃に開催できればなと思います。

ですが、
ご希望いただいていた名古屋WSを5月に開催する運びとなりました。

名古屋WSは、
【Self-Discovery Movement(以下SDM)講義&実技編】というタイトルです。

東京で行ってきたWSの講義と実技を、
新しい知見の元、バランスよく行う予定です。

今回は講義を取り入れながら行っていきますので、
前回のSDMWSに参加された方でも新しい発見があると思います。

以下、今回のWSの詳細です。


自己発見のための動き

SDMとは「自己発見のための動き」です。

メソッドでも方法論でもなく、
我々「ヒト」が進化の過程で得てきた構造・機能から、
舞台パフォーマンスに必要な能力を分析し導き出したトレーニングとなります。

例えば、
発声練習やバーレッスンなど、みなさんが行っているトレーニングは何の為に行っているのでしょう。
そしてそのトレーニングを行って、舞台パフォーマンスが何故向上するのか論理的に説明できるでしょうか。

その方法が個々の身体にとって、
本当にいいものなのかどうかを考えられるだけの「知恵」を身につけるために、
本来的な「ヒト」の構造を学び、それに伴った動きを学ぶということは非常に大切です。


問題は2つ

舞台のトレーニングについて私が考えている問題点は2つあります。

1つ目は、先生が教える内容を疑わず、
自分の頭で考えずに練習してしまうこと。

ヒトは性格が違えば筋肉や骨格も違います。
先生がうまくいった「形」を練習したとしても、
みなさんが先生と似たような骨格や筋肉でない限り成長は遅くなります。

「本当にこれでいいのか」と自身に質問を繰り返し、
実践方法を調整する必要があります。
ですが、アーティストの世界には論理的に考える材料が少ないため、
先生がうまくいった方法を実践するしかないという現状があります。



2つ目は、稽古やトレーニングがその公演を達成するだけの、
「形」のみを身体に覚えさせてしまうものになっているということです。

本来は稽古やトレーニングは様々な環境に対応できる身体を作っていくもので、
「形」を作るだけの短絡的な稽古は建設的ではありません。

このような「形」を作るような稽古やトレーニングばかり行っていると、
環境に対応するという認識が壊れてしまい、
心の不安や身体をうまく使えなくなるという現象が起こるということがわかっています。

舞台における稽古やトレーニングというのは、
あらゆる環境に対応する感覚を入力するものであり、
鏡を見ながら、あるいは自身の動画を見ながら形を修正していくものではないはずです。


才能は全員にある

これら2つの問題を解決するために、
今回のWSでは進化学・発生学の観点から、
自身の身体を自身で考えることができる材料をみなさんにシェアいたします。

具体的に言うと、あらゆる環境に対応できる身体を学ぶこと。
そして「ヒト」の構造の本質を体感し、自己を発見していくための材料を知ることが大切です。
すると自分の身体を自分で考えられるようになり、自己を発見することができるようになります。

自己を発見することにより、
自身の伸び代を明確に理解できるようになり、
自身の身体の可能性や才能にワクワクしていただけます。

何故ならば、誰しもが才能や可能性を元々持っているからです。
才能や可能性を引き出すには、まずは自分の可能性を感じること。

その達成のために、
今回のWSで行われる進化学や発生学から導き出されたSDMは非常に有効です。

自己発見のために、
学びましょう。

本WSは以下のような方にオススメです。

・緊張がとれない。
・上手くならない。
・心に不安がある。
・自分の身体にワクワクしたい。
・今の練習方法に不安を感じる。
・指導をしているが専門家から身体の勉強をしたことがない。

講義と実技が半々になっているので、
より理解が深まるかと思います。

今回シェアすることが、
みなさまのアーティストライフを少しでもいい方向に導くきっかけになればと思います。


※問い合わせが多いのですが、
アーティスト限定WSはアーティスト以外の方、基本的にお断りしております。
なぜなら前提が違う方にお伝えすることはWSの質を下げてしまうことに繋がりかねないからです。
どうしてもという方はご相談ください。


日程:
2020年
5月16日(土)10:00~15:30(途中休憩1時間程度)
場所:日本特殊陶業市民会館 第一リハーサル室
名城線金山駅」下車 6番出口より北へ徒歩3分
https://nagoya-shimin.hall-info.jp/kaikan/access.html
対象:舞台アーティスト限定
料金:8,000円(4/16以降にご予約の方は10,000円)
定員:20名程度


予約:hitomi.crop@gmail.com
   担当:シバタ
   
   下記の内容を明記の上ご予約ください。
   ①氏名
   ②電話番号
   ③メールアドレス
   ④お仕事(振付・演出・ダンサー・役者・声優・音楽家etc)
   ⑤WS終了後、近くのお店で講師との懇親会があります。
    質問したりないことは懇親会でご質問ください。
    ご希望の方は参加の旨をお願いいたします。
   3日以内に返信がない場合はお手数ですが、
   rire.kouyoga@gmail.comにご連絡ください。


講師:Kou
生物学/進化学/解剖学/の観点から、矛盾のない指導を心掛けている。
世界14カ国10箇所でヒトの身体について学んできた経験から指導される、
身体の真理をシェアするトレーニングは、アスリート(サッカー選手・テニス選手)・ダンサー・役者間で好評。
海外から受講希望が来るほどであり、トレーニング動画は視聴4万回を超える。
Rire Yoga&kidsdance studio chief director,
心身芸術予防療法(PPTA)代表, 
日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会(JARTA)認定スポーツトレーナー, 
日本心理医療諸学会連合(UPM)正会員,
E-RYT200:Registered Yoga instructor, sVYASA, INTL YTIC,
FRPBI, 3AsLEVEL1・2, Corrective Ex Level1

PPTAWS【Self-Discovery Movement~実技編~】

ご要望にお答えして、
Self-Discovery Movement(以下SDM)の実技WSを開催する運びとなりました。
ひたすらボディワークを行うWSです。

自己発見のための動き


SDMとは「自己発見のための動き」です。


メソッドでも方法論でもなく、
我々「ヒト」が進化の過程で得てきた構造・機能から、
舞台パフォーマンスに必要な能力を分析し導き出したトレーニングとなります。


例えば、
今、行なっているトレーニングは何の為に行っているものでしょう。
そしてそれを行って、何故舞台パフォーマンスが向上すると言えるのでしょうか。


その方法が個々の身体にとって、
本当にいいものなのかどうかを考えられるだけの「知恵」を身につけるために、
本来的な「ヒト」の構造を学び、それに伴った動きを学ぶということは非常に大切です。


問題なのは、

稽古やトレーニングがその公演を達成するだけの、
「形」のみを身体に覚えさせてしまうものになっているということです。


本来は稽古やトレーニングは様々な環境に対応できる身体を作っていくもので、
「形」を作るだけの短絡的な稽古は建設的ではありません。


このような「形」を作るような稽古やトレーニングばかり行っていると、
環境に対応するという認識が壊れてしまい、
心の不安や身体をうまく使えなくなるという現象が起こるということがわかっています。

舞台における稽古やトレーニングというのは、
あらゆる環境に対応する感覚を入力するものであり、
鏡を見ながら、あるいは自身の動画を見ながら形を修正していくものではないのです。

才能は全員にある


本WSではあらゆる環境に対応できる身体を学び、
「ヒト」の構造の本質を体感し、自己を発見していくための実技をシェアいたします。


自己を発見することにより、
自身の伸び代を明確に理解できるようになり、
自身の身体の可能性や才能にワクワクしていただけます。


何故ならば、誰しもが才能や可能性を元々持っているからです。
才能や可能性を引き出すには、まずは自分の可能性を感じること。


その達成のために、
今回のWSで行われる進化学や発生学から導き出されたSDMは非常に有効です。


自己発見のために、
動きましょう。


本WSは以下のような方にオススメです。


・緊張がとれない。
・上手くならない。
・心に不安がある。
・自分の身体にワクワクしたい。
・今の練習方法に不安を感じる。
・指導をしているが専門家から身体の勉強をしたことがない。


レーニングを段階的に実践していく1日になるので、
体力がない方もご安心ください。


今回シェアすることが、
みなさまのアーティストライフを少しでもいい方向に導くきっかけになればと思います。



※問い合わせが多いのですが、
アーティスト限定WSはアーティスト以外の方、基本的にお断りしております。
なぜなら前提が違う方にお伝えすることはWSの質を下げてしまうことに繋がりかねないからです。
どうしてもという方はご相談ください。



日程:
2019年
11月9日(土)18:30-21:30

追加WS
12月8(日)18:30-21:30

開催場所:
Bunb東京スポーツ文化館マルチスタジオB(旧柔道場)
東京メトロ有楽町線、JR京葉線りんかい線
新木場駅』下車、徒歩13分

※追加WSはマルチスタジオAになります。

対象:舞台アーティスト限定
料金:6,000円
定員:20名程度



予約:11月9日(土)
   https://ssl.form-mailer.jp/fms/d6ef1124637613
   3日以内に返信がない場合はお手数ですが、
   rire.kouyoga@gmail.comにご連絡ください。
   ご予約フォーム

   ↑上記のご予約ができなくなりますと定員になります。
   rire.kouyoga@gmail.com
   
   追加WS
   12月8日(日)
   https://ssl.form-mailer.jp/fms/bfe08684637695


講師:Kou
生物学/進化学/解剖学/古典ヨガの観点から、矛盾のない指導を心掛けている。
世界14カ国10箇所でヒトの身体について学んできた経験から指導される、
身体の真理をシェアするトレーニングは、アスリート(サッカー選手・テニス選手)・ダンサー・役者間で好評。
海外から受講希望が来るほどであり、トレーニング動画は視聴3万回を超える。
Rire Yoga&kidsdance studio chief director,
心身芸術予防療法(PPTA)代表, 
日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会(JARTA)認定スポーツトレーナー, 
日本心理医療諸学会連合(UPM)正会員,
E-RYT200:Registered Yoga instructor, sVYASA, INTL YTIC,
FRPBI, 3AsLEVEL1・2, Corrective Ex Level1